MENU
小児科
皮膚科

小児皮膚科

Pediatrics Dermatology

小児皮膚科|葛飾区亀有駅の小児科・アレルギー科 - 医療法人社団碧桐会 亀有えがおのクリニック

小児皮膚科

Pediatrics Dermatology

小児皮膚科

新生児期から幼児期、小学校、中学校と成長するにつれ、肌の状態は大きく変化していきます。当院では個々のお子さまの年齢(月齢)・肌の状態に応じたスキンケア指導を行っております。
目の前の症状をただ治すだけでなく、大人になってからも健康な肌を維持できるような診療を行っております。

このようなお悩みの方へ

アトピー性皮膚炎
アトピーのお子さまの約60%は、血液検査をすれば5大食物アレルゲンのどれかに陽性を示しますが、実際に食べてみて皮膚が悪化するのは10%以下と言われています。食物アレルギー検査が陽性だからといって、すぐに除去食にするのはやや短絡的ではないかと思います。どうしても心配な場合はその食物を1週間程度控えて皮膚の状態が改善されるかどうか確認します。
食物はお子さまの成長にとても大切なので、除去するか否かは、専門家と相談しながらにしましょう。夏場は冬のように空気は乾燥しませんが、エアコンの効きすぎによる湿度の低下で起こる乾燥が生じます。夏場であっても保湿剤を外用し、スキンケアをきちんと続けることがとても大切です。乾燥肌に汗がつくとかゆくなり、肘や膝などの関節の内側や首のしわの所などに湿疹ができやすくなります。
掻きこわしをそのままにしていると、とびひなどの二次感染も起こりやすくなります。適宜、ステロイド剤を外用し、湿疹をコントロールしましょう。尚、アトピー性皮膚炎の治療にあたり、ステロイドの塗り薬に抵抗をお持ちの親御さまもいらっしゃいますが、症状に応じて必要な量を必要な期間だけ使い、症状が軽くなったら薬を減らしたり、弱いものに変えたりしていきます。
当院では、「これはこのように~日間塗って、次は~日に受診してください。」といったように、詳しく具体的にご説明いたしますので、どうぞご安心ください。
とびひ
とびひは、あせもや虫刺されを掻きこわした傷、すり傷、ジクジクした湿疹などに細菌が感染して起きます。これらの細菌は、健康な皮膚には感染しませんが傷ができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染してしまいます。とびひの治療では、抗生物質の飲み薬と塗り薬(抗生物質やステロイド剤)を使います。また、細菌培養検査にて原因となる細菌を同定し、最も効果のあるお薬を処方いたします。生活上では、病変部をしっかりとシャワーで洗い流し菌をできるだけ減らしてあげることが重要です。
イボ
イボは、医学的にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と言い、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV…ヒトパピローマウィルス)の感染によって生じます。HPVは外的刺傷を受ける機会の多い手のひらや足の裏、指先などに好発します。特に小児の場合には「ミルメシア」という、痛みを伴い、一見魚の目のように見えるイボが手足にできることがあるので、覚えておきましょう。その他、アトピー性皮膚炎児では、皮疹を繰り返しやすい肘や腋窩などに、独特の分布・臨床像を呈することがあります。イボの治療は、液体窒素による凍結療法が基本です。通常1回で治ることはなく、1-2週間毎に根気強く繰り返し治療する必要があります。
水イボ
水イボは、いわゆるイボとは違う病気です。ポックスウイルスの一種である伝染性軟属腫ウイルスの感染によって発症します。水イボに罹患したお子さまとの直接的な接触だけでなく、バスタオルやスポンジ、ビート板などを介して感染し、直径数mmまでの表面がツルツルした光沢のある盛り上がりとなって皮膚に現れます。このウイルスに対する免疫を獲得すれば、自然に治癒しますが、それには数か月から多くは1年以上を要する場合も多く、その間に掻き壊して周りに拡大していくケースも少なくありません。伝染力が強く、増えていくスピードが速いので、数が少ないうちに見つけて積極的に取っていくことをお勧めします。
近年、ペンレスという麻酔のテープが保険適応になりました。処置時に用いることで、痛みをかなり和らげることが可能です。当院でも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。
オムツかぶれ
尿や便が刺激となり、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが出来ます。おむつをこまめに替えて、お尻の清潔と乾燥を保つことが予防にもケアにもなります。おむつ替えの際には、おむつをはずした後、少し乾かしてからおむつをつけると良いでしょう。また、清潔を保つのは重要ですが、洗いすぎには注意が必要です。石鹸をつけて洗うのは1日1回とし、すすぎ残しのないように十分に流しましょう。便の回数が多い新生児や下痢の時には、市販のお尻ふきにオリーブ油を加えて、優しく拭き取る、または押し拭きすることをお勧めします。それでも、かぶれてしまった時には、亜鉛華軟膏やワセリンで保護しますが、症状がひどいような場合には弱いステロイド軟膏を使用します。数日ケアをしてもよくならない時は、カンジダ皮膚炎の可能性もあります。自己判断せず、必ず経過を見てもらいましょう。